Contents Menu

出演アーティスト

メリー・モナーク・フェスティバル2018より

●メリー・モナーク・フェスティバル2018上位入賞組
【ミス・アロハ・フラ】

①シャリア・カプアウイオナーラニ・キクヨ・カマカオカラニ
(ナプア・グレッグ)

1996年5月30日生まれ。マウイ島出身。
4歳の頃からハーラウ・ナー・レイ・カウマカ・オ・ウカでフラを学ぶ。クム・ナプア・グレッグより、2016年当時に2018年ミス・アロハ・フラコンテストへの挑戦を伝えられ、3カ年計画での出場だった。現代フラの楽曲には、クム・ナプアが1992年にミス・アロハ・フラのコンテストへ出場した際の楽曲が使用され、一つ一つの振付けにもシャリアの特徴が活きる動作をクム・ナプアが丁寧に指導するなど、師弟愛に支えられた受賞となった。
趣味は在学中のハワイ大にあるタロ畑を綺麗にするなど、大地を愛すること。
将来の夢は、教育の道に進み、ハワイの伝統や文化を伝える教師となること。

【カネ】

②カ・レオ・オ・ラカ・イ・カ・ヒキナ・オ・カ・ラー
(カレオ・トリニダッド) カネ優勝

 
 

③ハーラウ・ケクアオカラーアウアライリアヒ
(イリアヒ&ハウナニ・パレデス) カネ2位

 
 

④ハーラウ・ナー・マモ・オ・プウアナフル
(サニー・チン&ロパカ・イガルタ・ディヴェラ) カネ3位

 
 

【ワヒネ】

⑤ハーラウ・ナー・レイ・カウマカ・オ・ウカ
(ナプア・グレッグ) 総合優勝

 
 

⑥ハーラウ・カ・レイ・モキハナ・オ・レイナーアラ
(レイナーアラ・パヴァオ・ジャーディン)ワヒネ2位

 
 

⑦フラ・ハーラウ・オ・カムエラ
(カウイオナーラニ・カマナオ&クネヴァ・ムック)ワヒネ3位

 
 

ナ・ホク・ハノハノ・アワーズ2018受賞2組

A. キミエ・マイナー
ポップで透明感溢れるアイランド系レゲエ・サウンドが魅力のシンガー・ソング・ライター。14歳でギターを独学で習得し、作詞作曲を始め、サンディエゴ大在学中の19歳でレゲエのスター、バーリントン・リーヴィとの初ツアーに参加。2016年、「キミエ・マイナー」がナ・ホク・ハノハノの「コンテンポラリーアルバム賞」に輝き、18年には「女性ボーカリスト賞」、そして我が子に捧げた2作目のアルバム「プラウド・アズ・ザ・サン」収録曲の「バンブー」で「ソング賞」を受賞した。ジャズ、R&B、ファンク、ソウルに影響を受けつつ、自身のルーツであるハワイアン・カルチャーをブレンドし、独自の心ときめくメロディーで多くの女性ファンを魅了する。
今、最もクールなアイランド・サウンドの歌姫がナ・ヒヴァへの初出演を果たす。

B. カマカ・クコナ
オアフ島で若くしてクムフラとしてのキャリアをスタート後、マウイ島に移住しラハイナの人気ハワイアン・ショー「ウラレナ」のダンサーとして活躍。ハーラウ・オ・カ・ハヌ・レフアのクムフラとして、メリー・モナークなどの大会に積極的に出場しながら、日本の姉妹校ダンサーたちのためにとレコーディングに着手。2014年に完成したソロ・デビュー作「ハヌ・アアラ」で同年のナ・ホク・ハノハノ「新人賞」、「男性ボーカリスト賞」などを受賞し、ナ・ヒヴァヒヴァ・ハワイへの初出場を果たした。2018年のナ・ホクでは、セカンドアルバム「アラ・アヌヘア」で「男性ボーカリスト賞」に輝き、自身2度目となるナ・ヒヴァへの出演が決まった。

公演スケジュール

9月15日 11:00開演 カヒコ・デー(①~⑦カヒコ(古典フラ)のみ、A)
9月15日 16:30開演 アウアナ・ナイト(①~⑦アウアナ(現代フラ)のみ、B)
9月16日 11:00開演 (①カヒコのみ、②④⑥カヒコ&アウアナ、B)
9月16日 16:30開演 (①アウアナのみ、③⑤⑦カヒコ&アウアナ、A)
9月17日 10:00開演 (①カヒコのみ、②④⑥カヒコ&アウアナ、A)
9月17日 15:30開演 (①アウアナのみ、③⑤⑦カヒコ&アウアナ、B)

※番号は上記出演者名と対応しています。出演順ではありません。
※出演者およびプログラムは変更になる可能性があります。ご了承ください。
※出演者およびプログラム変更による、チケットの払い戻しは致しません。


PAGETOP

© 2018 The Yomiuri Shimbun